行事・イベントの最近のブログ記事

今年も 年末助け合い作品展示・販売~郷土の美術家100人展~開催致します。

 本社と中日新聞社会事業団は東海3県にゆかりのある作家の協力を得て、最新作をチャリティー特別価格で販売します。収益金は中日新聞社会事業団を通じて地域の社会福祉に役立てられます。京都・清水寺の森清範貫主をはじめ、南禅寺の中村文峰老師、奈良・法隆寺の大野玄妙管主などの作品も特別出品。また、洋画の立松富雄さんの遺作も出品されます。入場は無料。

 

場所   :  マツザカヤホール(松坂屋名古屋店 南館8階)

日時    :  12月8日(火) 午前10時~午後7時30分

         12月9日(水) 午前10時~午後6時

                         ※作品引き渡しは12月9日(水) 午後1時~6時

 

100ninntenn.jpg

☆ 当事業団本部へ郵便振替や持参、また支局へご持参いただきご寄託いただいた皆様です。お預かりしたお金は、当事業団の行う各福祉事業のために活用させていただきます。ありがとうございました。

 

 

【社会福祉】

西尾市の匿名 様                5,000円

桃呑会 様                  15,000円

 

【年末助け合い】

山田 正美 様                 5,000円

名古屋市の匿名 様              20,000円

垣見 興子 様                10,000円

斉藤 沙映 様                30,000円

中小田井三丁目町内会有志 様         65,000円

    (「いも煮会」での募金)

 

【東日本大震災義援金】

西尾市の匿名 様               10,000円

岩瀬 清 様                  5,476円

お好み焼「まる美」伊藤晴美 様         3,574円

豊山町グラウンドゴルフクラブ御一同 様     60,000円

 

 

【中日青葉学園】

岩瀬 清 様                  5,043円

 

 

 

 

 

※ブログでのお礼掲載は、原則新聞紙面と連動しています。支局・通信局や郵便振替をご利用いただいた場合は、本部へ通知が届いた日を基準に掲載しています。ご持参いただいた日付や領収書の日付とは異なることがございますのでご了承ください。

 

≪小田幸平さんがやって来た!≫

 

 

10月4日、当事業団が運営する「児童福祉施設中日青葉学園」に捕手としてドラゴンズなどで活躍されていた小田幸平さんがいらっしゃいました。

中日青葉学園の子ども達には、昭和35年の開設以来、ソフトボールが最も人気のあるスポーツ。夏休みに行われる県内の児童福祉施設の大会でも毎年優勝候補にあげられるほどですので、小田さんは子ども達にとっての憧れの的。男子中高生を中心にあちらこちらでシャッターを切る音が響き渡っていました。

小田さんは、子ども達と昼食を食べた後に、グラウンドでキャッチボールやノックを通じて指導をして下さいました。

にこやかに冗談やコミカルなジェスチャーを交えながらも捕球や送球の基本を丁寧に指導して下さり、参加した高校生の男子は「感動した!うまくなったかも?」と話していました。

最後に松田学園長の音頭で参加児童全員が「やりました~!!」と締めくくりましたが、小田さんから松田学園長に「3!2!1!を忘れてますよ。」と笑顔でツッコミ。

笑いの絶えない時間を子ども達、職員ともに過ごさせて頂きました。

小田さん、ありがとうございました。

 

syokuji.jpg oda.jpg oda3.jpg oda4.jpg    

 

平成27626日、中日新聞名古屋本社にて中日新聞社会事業団主催の

「第50回 東海地区特別支援教育振興資金」の贈呈式が行われました。

愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県・静岡県の特別支援教育研究会の代表者の皆様にお集まりいただき、当事業団理事長の坂井克彦より各会20万円を贈呈致しました。

この特別支援教育振興資金は、障がいをもった児童生徒への特別支援教育を行う先生方を中心に勉強会や研修会、全国大会等の活動で活用されており、 今年で59回目を迎えます。

    aichi nagoya.jpg  

sizuoka.jpg  

mie.jpg 

 

 

 

 

 

 

贈呈式の後、活動報告会が行われました。贈呈された資金の使途や各県の特別支援教育の現状・特色などの報告があり、今後の課題も話し合われました。      kaigi2.jpg   kaigi.jpg

  

6月7日に愛知県スポーツ会館にて、『愛知県レクリエーション協会』様と共催で「福祉レクリエーション講習会」を開催しました。

老人福祉施設などで働く約120人が参加され、会議室満杯で、とても活気がありました。

今回は、認知症予防に役立つレクリエーション、エクササイズについての講習で、
講師は箕面学園福祉保育専門学校講師で福祉レクリエーション・ワーカーの牧野文恵さんと国立長寿医療研究センター特任研究員の中窪翔さん。

中窪さんは認知症予防エクササイズ=コグニサイズの実演と指導を行い、参加者も 楽しみながら実践されていました。

介護福祉の現場で還元していただきたいですね。

次回は平成28年2月14日に開催予定です。興味のある方はぜひご参加ください。

 

IMG_4694.JPG IMG_4683.JPG    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4658.JPG

いつも当事業団に対し、ご寄付やご支援をいただき誠にありがとうございます。今日は当事業団が行っている事業のご報告をさせていただきます。

 

『児童園遊会』(共催:名古屋市、名古屋市社会福祉協議会)が56日(水・振替休日)に開催されました。社会的・経済的に恵まれない子供たちを名古屋市千種区の『東山動植物園』に招待し、楽しい一日を過ごしてもらおうという催しで、毎年開催し今年で65回目を迎えます。

生活保護を受給したり、母子生活支援施設で暮らしたりしている、名古屋市内の845世帯を対象に入場券を配布し、今年は208世帯の家族(小学3年生以下の児童と保護者)が参加しました。当日は、天候にも恵まれ、暑いくらいの日差しの中、日本玩具及人形連盟名古屋支部などの協賛による記念品やおもちゃ・お菓子などのプレゼントも配られ、子どもたちの楽しそうな笑顔をたくさん見ることができました。

 

image1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 enyuukai.JPG