平素より幣法人の活動にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
この度、中日新聞社会事業団本部は新型コロナウイルスの感染防止のため、下記の通り受付窓口の時間短縮を実施いたします。
皆様方にはご不自由をお掛けしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。





          ・時間短縮中の受付時間(電話受付含) 10:00~16:00
        
                          ・実施期間 開始日 : 2020年4月6日~
         終了日 : 未定 (見通しが立ち次第ご案内致します)



関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

以上


お礼ロボラデータ.jpgのサムネール画像のサムネール画像
 

☆藤田医科大学病院様より、「社会福祉のために」と570,266円ご寄付いただきました。

 

3月26日に、中井英貴総務室長が、本年度院内で開いたチャリティーコンサートの会場募金と病院関係者からの寄付金をお届けくださいました。

寄付金は、社会福祉事業への活用させていただきます。

ありがとうございました。


DSC_0271.JPG

※ブログでのお礼掲載は、原則中日新聞紙面と日付が連動しています。

 ご協力ありがとうございました。

☆県中古自動車販売商工組合様より、社会福祉に623,082円、東海交通遺児を励ます会に30万円をご寄付いただきました。

 

3月24日に、組合員、支部からの寄付金とチャリティーゴルフコンペなどの収益金をご寄託くださいました。

寄付金は、社会福祉事業への活用させていただきます。また東海交通遺児を励ます会へ贈ります。

ありがとうございました。


※ブログでのお礼掲載は、原則中日新聞紙面と日付が連動しています。

 ご協力ありがとうございました。

☆萩原電気ホールディングス様より、「社会福祉に」と654,200円をご寄付いただきました。

 

3月24日に、佐橋融執行役員(右)らが事業団本部を訪れ、CSR活動の一環で社員有志の寄付と同社からの同額の拠出金を合わせてお届けくださいました。

寄付金は、社会福祉事業に活用いたします。

ありがとうございました。



DSC_0265.JPG


※ブログでのお礼掲載は、原則中日新聞紙面と日付が連動しています。

 ご協力ありがとうございました。

令和元年度、東日本復興支援の報告書を作成しました。

東北3県12団体の取り組みをご覧ください。
東日本復興のためにといただきましたご寄託金で、団体への支援をさせていただいています。

☆ネッツトヨタ中部様より、「交通遺児のために」と30万円をご寄付いただきました。

 

3月18日に、小島武彦社長(中)らが事業団本部を訪れ、チャリティーバザーの売上金と同社からの寄付金をお届けくださいました。

寄付金は、当事業団が行う交通遺児への支援事業に活用いたします。

ありがとうございました。



DSC_0259.JPG


※ブログでのお礼掲載は、原則中日新聞紙面と日付が連動しています。

 ご協力ありがとうございました。

☆『アサヒハウジングとアサヒ住宅』様より「東日本復興支援金に」と374,975円のご寄付をいただきました。

2月10日に、アサヒ住宅の都築実専務(中)らが、当事業団本部を訪れ、チャリティーイベント「トンカチくん祭」でのオークションとバザーの売上金をお届けくださいました。
ご寄付いただいたお金は、当事業団の行う東日本復興支援事業のために活用致します。
ありがとうございました。


アサヒハウジング・アサヒ住宅

※ブログでのお礼掲載は、原則中日新聞紙面と日付が連動しています。
 ご協力ありがとうございました。

20200308二社.jpg20200308特集.jpg2020年3月8日(日)に、東日本復興支援事業の特集記事が中日新聞、東京新聞に掲載されました。
 
中日新聞本社でこの東日本復興支援事業贈呈団体皆様を迎えて、贈呈式を行う予定でしたが、新型コロナウイルスのまん延により日程を延期しました。




☆東海マツダ販売労働組合様より、「年末助け助け合い運動に」と25万円をご寄付いただきました。

 

12月27日に、大塚正樹執行委員長(左)らが事業団本部を訪れ、組合員からの募金をお届けくださいました。2回目。

寄付金は、生活保護家庭の小中学生に贈るお年玉などに活用いたします。

ありがとうございました。



DSC_0240.JPG


※ブログでのお礼掲載は、原則中日新聞紙面と日付が連動しています。

 ご協力ありがとうございました。

令和元年6月1日から8月31日まで募集を行っておりました「東日本復興支援事業」について、

配分先が決定しました。

 宮城・福島・岩手各県から36件の応募があり、書類選考と現地審査を経て、各県での復興支援や

福祉活動を行う12団体へ配分します。

 令和2年3月10日に名古屋市中区の中日新聞社で贈呈式を行う予定です。


 配分先は以下の通りです。


【令和元年度 東日本復興支援事業配分団体一覧】

宮城県

(一社)震災こころのケア・ネットワークみやぎ からころステーション

被災者や障害者の心のケア活動

チャイルド工房

震災後の子どもの遊びや作物栽培を通した活動

東北大学陸前高田応援サークルぽかぽか

岩手県陸前高田市における復興支援ボランティア

(一社)復興みなさん会

南三陸町震災復興のための活動

富谷傾聴の会

被災地での傾聴支援

(一社)ワタママスマイル

石巻市渡波地区被災者への配食事業、就労支援

ARTS for HOPE

アートによる障害児者への居場所提供

福島県

NPO法人南相馬サイエンスラボ

被災地への風評被害払拭と都市間交流による地域格差の解消活動

NPO法人チームふくしま

ひまわりの種袋詰めや商品制作など障害者の雇用促進

いいのどんぐりの会

原発被害地飯館村民と飯野町住民との心の健康事業

岩手県

NPO法人パクト

地域住民とボランティアをつなぐ窓口の運営

NPO法人陸前高田まちづくり協働センター

地域住民が住み慣れた地域で暮らすための相談支援

MTBlog42c2BetaInner

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.27-ja